♪ HAPPY TAIL ♪

里親募集と動物愛護活動ブログ。1匹1匹の幸せを願って。。。 @茨城

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恐ろしい病気を予防する【犬】

ワクチンを接種したり予防薬を飲ませることで恐ろしい病気から愛犬を守ることができます。

動物病院で働いていたころ、わたしも数例の恐ろしい伝染病にかかったわんちゃんを見ています。
病気と治療に苦しんでいるわんちゃんを傍らで見ている飼い主さんもとてもつらそうで、わたしも胸が締め付けられる思いでした・・・
とにかく、病気にかかってからでは手遅れになってしまいます!ワクチンを接種しても、100パーセントその病気を防げるわけではありませんが、感染しにくくなることは確実ですし仮に感染しても症状が軽く済みます。
下に予防できる病気の特徴を書いてみました。                        

狂犬病
*致死率100パーセント。人にも感染する恐ろしい病気*
この病気を発症している犬(動物)に噛まれると、このウィルスを含んだ唾液が傷口から侵入し感染します。犬は狂乱状態になり凶暴化し何にでも見境なく攻撃するようになります。この時期が終わるとやがて衰弱し死に至ります。
人を含むすべての哺乳類が感染する恐ろしい病気で、世界中では年間3~5万人が死亡しています。
日本では予防接種が徹底され、1957年からは犬がこの病気にかかった例はありません。
2006年にはフィリピン滞在中に犬に噛まれた2人の日本人が帰国後狂犬病を発症し亡くなっています。
生後91日以降の犬には年1回の狂犬病の予防接種が義務づけられています。

フィラリア症
*犬の心臓を巣にするそうめん状の寄生虫。人に感染した例も*
蚊の媒介によってフィラリア(イヌ糸状虫)が犬から犬へと感染します。
おもに犬の心臓に住み着き、心臓病に似た症状を起こします。感染初期の犬は咳をし始め運動を嫌がるようになります。そのまま放置するとやがておなかに水(腹水)がたまり、命の危険があります。
また、急性のフィラリア症ではコーヒーか醤油のような尿になり、すぐに手術をしてフィラリアをとりださなければ死に直結します。
フィラリア症には予防薬が一般的で、蚊が出始めて1カ月後からいなくなった1カ月後まで毎月1回薬を飲ませることで予防できます。

犬ジステンパー
*けいれんを起こし泡をふく。有効な治療薬なし*
感染すると初期には悪臭を伴う下痢、膿のような鼻水、咳やくしゃみ、など消化器と呼吸器に障害が現れます。症状が進むとウイルスは脳にまで広がっていき神経症状が現れます。
やたらに興奮したり、暴走したりします。体のあちこちが痙攣するチック症状、動作の異常、下半身麻痺などが現れることもあります。
幼若犬がかかりやすく、伝染率、死亡率が高い病気です。

犬アデノウイルス2型感染症
*咳やくしゃみでウィルスをまき散らす*
咳やくしゃみ、鼻水など気管支炎や扁桃腺炎の症状が見られ、他のウイルスと混合感染することで肺炎を引き起こすこともあります。

犬伝染性肝炎
*回復した犬でもウイルスが尿中に数ヶ月間排出される*
元気がなくなり、鼻水、涙を流すようになり高熱が続きます。下痢や嘔吐、むくみ、扁桃の腫れなどがみられ、急性の肝炎を起こします。
他の病気と混合感染することで死亡率は極めて高くなります。
それまで元気に過ごしていた子犬が突然ぐったりし、血を吐くなどして24時間以内に死亡するものもあります。
回復しても約6ヶ月間は尿中にウイルスが排出され、他の犬への感染源となります。

犬パラインフルエンザ
*混合感染の場合肺炎になることも*
呼吸器の感染症で、「ケンネルコフ」とも呼ばれ主な症状は乾燥した強い咳です。
幼犬や老犬など、免疫が弱い犬は肺炎に移行しやすく注意が必要です。

犬パルボウイルス感染症
*トマトジュースのような血便、激しい嘔吐。発病から1~2日で死亡することも*
とにかく激しい嘔吐と下痢のために脱水状態になり衰弱します。治療が遅れると幼犬では90パーセントが死亡、成犬でも25パーセントが死亡するといわれる恐ろしい病気です。
感染した犬の便や嘔吐物、それに汚染された食器、感染した犬と接触した人の手指や衣類などが主な感染経路になります。それらに犬が鼻や口をつけると感染します。

犬レプトスピラ感染症
*死亡率が高く、人間にも感染する*
その症状から「黄疸型」、「カニコーラ型」などがあります。高熱、食欲がなくなり、口の粘膜や目の充血が見られます。嘔吐や血便をし、泌尿器が侵されて尿毒症の症状となります。
衰弱して全身がふるえ、黄疸が現れます。
その後脱水を起こして死亡するか、回復しても慢性の腎炎に移行する恐ろしい病気です。
人間にも感染し、犬と人間以外ではネズミ、牛、豚なども感染し病原菌は尿中に排出されます。
とくにネズミが最大の感染源となり、その尿やその尿を含む汚れた水や土に触れたりなめたりすることで口の粘膜や皮膚の傷口から感染します。

犬コロナウイルス感染症
*幼犬では特に激しい症状を示す*
下痢と嘔吐が主な症状で幼犬では激しい症状を示し、下痢だけで突然死することもあります。犬パルボウイルスと混合感染すると致命的になります。


狂犬病のワクチンは法律で年に1回の接種が義務付けられています。副作用がある場合があるので、動物病院で健康状態を診てもらってから接種するのがいいでしょう。
フィラリア症は蚊に刺されても獣医師の指示に従って予防薬を飲ませていれば100パーセントふせぐことができます。
その他の病気は混合ワクチン(通常3~9種)を接種することで予防できます。注射後は免疫ができるまで2~3週間かかります。接種に関しては獣医師と相談しましょう。

スポンサーサイト

| 愛犬・愛猫を病気から守る | 15:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。