♪ HAPPY TAIL ♪

里親募集と動物愛護活動ブログ。1匹1匹の幸せを願って。。。 @茨城

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近の出来事 ~5月、6月の譲渡について~

またこのブログをしばらく放置してしまいましたが、5月、6月は子猫ラッシュで大変でした。
とはいえ、私は里親探しと里親希望者さんからのメール・電話対応、譲渡の際のお届けの役目で、自分自身で保護はしていないので(仕事の都合で子猫の保護が今出来ない状態)、本当に大変だったのは保護の協力を申し出てくださったRさんと、捨て猫の乳飲み子を育ててくれた友人のMさんだったのではないかと思います。
20150709235409a04.jpg

5月始めの時点でRさん宅には野良の保護母猫2匹(餌をやっている方から妊娠したと相談があり人慣れしていた為保護)と目も開かない子猫10匹が・・・そこに私の知人が見つけた捨てられていた目が開いたばかりの子猫6匹を保護してくださるとおっしゃってくださり、6匹は2匹の乳母の元すくすくと育つことができました。
がんばってくれた母猫2匹にも本当に感謝です。
Rさんの保護していた猫たちの里親探し、譲渡は私も協力させていただき、今は母猫2匹含め、ほとんどの仔猫が譲渡を終えることができました。
譲渡が落ち着くまでの約2カ月間、本当に大変な思いをしながらも明るく前向きなRさんに私も精神的にどれだけ救われたか。

そして友人Mさんが見つけた3匹の子猫の方は、彼女がミルクで育てると宣言してくれ猫風邪の目やにで目がぐちゃぐちゃだった子猫も徐々に顔も綺麗になり、元気に活発に育ちました。
乳飲み子のお世話は本当に気を使うし大変。寝る間も惜しんで細やかなケアをしてくれたおかげで、無事に3匹とも素敵な家族の元に送り出すことができたのです。

本当に、この活動をしていると人の優しさに泣きそうになることが何度あることか。
年々涙腺が弱くなってますし(笑)

とりあえず、今年の第1回子猫ラッシュは過ぎようとしています。
とにかく増える勢いはすごいのです。
いつまでいたちごっこが続くのでしょうか・・・
20150709235515c97.jpg

犬の方は成犬1匹、私の勤めているドッグスクールの方にご相談があり、エネルギッシュなとてもかわいい柴系雑種の子だったのですが、飼い主さんのご年齢とご病気があり、手放したいとのことで6月に譲渡しました。
飼い主さんのお話を聞くと、それまでちゃんと飼ってらしたので、里親を探すことにしたのも家族で話し合った上での苦渋の決断で、本当に犬の為を思ってとのことという気持ちが伝わってきました。
飼い主さんの年齢、体調、ワンちゃんの若さとエネルギッシュさ、大きさなど様々なこと、これからのことなどを考えると私も里親を探すという判断で仕方ないなと思いました。

「最後まで飼うこと」というのは、動物を飼ううえでは最も大切なことで、日ごろの啓発活動の際には声を大にして言っていることですが、飼う前の知識不足や、ご高齢の方が動物を飼うことが増えている今の現状で、こういったケースは多い訳です。
今までの飼い主さん宅の玄関には1日の犬の世話のスケジュールを細かくメモした紙が貼ってあり、家を出る際にはその紙がやけに切なく哀しく感じられました。
飼い主さんが一番、こんな未来を望んでいなかったでしょう。

何もわかっていない犬を乗せた車は、涙ぐむ飼い主を背に新しい家へと出発しました。
里親さんにはとても喜んで迎えてもらい、今とてもかわいがってもらっています。

これからまた、こういったケースに直面することがあるんだろうなと思います。
今回ご相談を受けた際、飼い主さんには最初に「里親を探すことはできますが見つからないというケースもあることを覚悟してください」とお伝えしていました。
飼ったからにはその子の全責任が飼い主にあるのだと、再度確認してほしかったからです。
飼い主がいなくなったペットを待つ運命は残酷なものなのです。彼らは誰かの助けがないと生きられないのです。

「最後まで飼うことの大切さ」「飼う前に良く考えることの大切さ」
時には「動物を飼わない」という選択も大切だということ。声を大にしてこれからも言っていかなくてはならないことです。

気が付いたら長文になってしまいましたが、譲渡に関してのここ最近の出来事でした。
これからも私のできることを続けて行きます。
スポンサーサイト

| 活動日記 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況

里親様決定しました!ありがとうございました。

しばらく忙しくて更新できていませんでした。

まずは今まだ譲渡前で保護宅にいる2匹の子猫をご紹介します。
※現在希望者様と話し合い中の為、一時里親募集は停止しています。
とてもかわいいです。一緒に捨てられていたので兄妹だと思います。
よいご縁がありますように。
image (17)


そして、最近までの近況をご報告。

3月には生後2週間くらいの目が開いたばかりの子猫が4匹、段ボール箱に入れられ捨てられていると連絡があり駆けつけました。
まだまだ母猫と過ごさなくてはならない時期に、外に置き去りにされていたため体調を崩してしまいました。
懸命にお世話をしましたが下痢が続き、1匹は残念ながら天国へ。
3匹は無事に育って里親さんにお渡しすることができました。
何度も何度も病院に連れて行ってくださった一時保護主さんには本当に感謝です。
同じことが繰り返されないことを祈るばかりです。
↓生後1カ月くらいの時。まだまだ頼りない。
image (20)
↓里親さんにお渡しする前日に撮った写真。しっかりと成長してくれました。もう安心です(*^^)v
image (21)



さて、先日はまた他の子猫の譲渡も終えました。
保護される前は3日3晩、外で鳴き続けていたそうです。この子も捨てられた可能性が高いです。
運よく保護することができ、無事に里親さんにお渡しすることができました。
image (23)


とにかく子猫が多い時期です。
あちこちで生まれたとか、ほしい人はいないかとかの話を聞きましたよヽ(;´Д`)ノ
猫ちゃんはすごい勢いで増えてしまいますね。
あまりに猫の数が増えすぎては受け皿がなくなってしまいます。
避妊去勢が当たり前になるよう今後も啓発し続けます。

| 活動日記 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

優しさを

あの首輪のないメス犬を探しに、以前見かけたあたりを探しに行ってました。
少し歩いていると突然、家の床下からなにかすごい勢いで飛び出してきました。
良く見ると探していたあの犬です。
今までとはまるで別犬のようでした。以前とはあまりにも表情が違っていたから、一瞬目を疑いました。
歯を剥き出しにして威嚇してるんです。

まるで、なにか大切なものでも守ろうとしているかのようなその表情。。。
以前、子犬を連れた野良犬に出会った時のことを思い出しました。
あの時のあの犬も、こんな顔だったなぁ・・・

なんて思い出しながら、お腹に目をやると・・・すっかりへこんでる(;゜ロ゜)

家の床下、子犬がいるのかはっきりわかりませんが、いてもおかしくないような状況です。
とりあえず、その家の方とお話してみることにしました。
すると家の方も犬が家の下にいることには気が付いていたようで、市役所に相談しようかと思っていたところだったそうです。
でもどうやら犬が嫌いではなさそうなので、少し安心しました。
ただ誰かに吠えかかるなどして近所からの苦情が出るかもしれないと。
確かになにか起きてからでは遅いですよね・・・

あの威嚇のしようでは誰も近づけないかなぁなんて思っていると、その家の方から意外な一言が。
「すごく人懐こいんですよ」って。
呼んだら来ますよ~とおっしゃるんで、半信半疑呼んでもらいました。
そしたら、しっぽふりふり、うれしそうに走ってくるではないですか∑(゜△゜;)!
これがさっきまで威嚇していた犬!?
わたしの方にもしっぽふりふり愛想ふりまいて、なんともかわいい!
近くで見るとガリガリなのが余計にわかって、本当にかわいそうに思えました。
きっと誰かに飼われていたんでしょう。撫でてくれと言うかのようにすり寄ってきます。
本当のノラなら人に体を触らせたりしません。
とても人懐こいのですが、家の前の道を通る人をどうやら警戒しているよう。
やぱり、子犬がいるんでしょうか・・・

床下を除いてみましたが子犬の気配はありません。
かなり奥の方は真っ暗で見ることはできませんでした。

子犬がいるのか、いないのか、はっきりしませんが、とりあえずこの家の方にすこし様子を見てもらえないかということでお願いしてきました。
子犬も(いるのなら)保護するには少し大きくなって出てくるのを待つしかありません。

野良犬成犬の保護はとても難しいですが、私はやる前に諦めたくないという気持ちが強いんで、とりあえず突っ走ります。
いろいろ考えてると、自分で可能性を否定してしまいそうだから、今は考える前に行動したい。

でも実際は「どうしよう」って言葉ばっかり頭ん中に浮かんでくるんですけどね(^_^;)



20130425_161729.jpg
実は、愛嬌たっぷりの人懐こい子だった。名前は何だったんだろう。
そんなことを思うとまた胸がぎゅうって痛くなります。

| 活動日記 | 02:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

放浪犬その後

あれから、首輪のないメス犬のいた辺りを数回見に行きました。
ご近所の方に聞いてみたところ、今年になってから姿を見るようになったとのこと。
なので、外見が似ていますが去年近くの場所で保護した2匹(シロップ、プッチ)との繋がりは薄いかも。。。
畑でよく生ごみをあさっているのを目撃されていて、餌もろくに食べられていないみたい。

どちらにしろ、メス犬なのははっきりしていて、近所の方も最近になってお腹が大きくなってきたと言っていました。

先日行った時はこんな感じ。
やや警戒心はあるものの、ある程度まで近寄ることはできました。(近づきすぎると逃げちゃいます)
きっとどこかで飼われていたんじゃないかなぁ。
20130425_161813.jpg

やっぱり、お腹がぽっこり・・・(^_^;)?

そして、この連休中は知人が見に行ってくれましたが、姿が見えず、近所の方に聞いてもやはりここ数日見ていないとのことなんです。

なんだか心配です。
国道が近いの交通量が多く、危ないし。
もし妊娠していたなら、あのおなかの感じじゃそろそろかも・・・

どこまでできるかわかりませんが、できることをしてあげたい。
生まれる子犬たちも、ノラには絶対したくない。

そんな気持ちだけが先走って、何もできていないから、なんだか切ない今日この頃です。

| 活動日記 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2匹の子犬たちその後

先日紹介した2匹の子犬のうち白い子に里親さんが決まりお届けしてきました。
すぐに新しい環境にも慣れたようで、とても可愛がってもらえそうです。
本当に良かった(^^♪

さて、もう1匹の茶ブチの方はとってもかわいいのですがまだ決まりません。

20121025_210236-1.jpg

昨日は爪を切ってあげました。
まだいろいろ慣らさないといけないことばかりです。

わたしもあんまり情が移るのも嫌だし自分の愛犬の世話もあるのであまり濃厚には関わらないようにしています。。。
早く良い里親さんが見つかれば本当に可愛がってもらえるんですが、こればかりはやれることやったら待っているしか仕方ないですからね・・・

トイレのしつけは順調で覚えてきていますがまだ100パーセントではありません。
欲求吠えがありますが徐々に収まってきました。

兄弟が居なくなって遊び相手がいなくなったので少し寂しそうです。
早くいい家族が見つかりますように。

20121025_210322.jpg

| 活動日記 | 18:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。